RUD LIFTING JAPAN

アイボルト、スリング・ホイストチェーン、吊り金具の通販はRUD(ルッドリフティングジャパン)へ

 

 

商品カテゴリ

HOME»  当社の製品について

当社の製品について                                                   -product-



ルッドリフティングジャパンでは、人命に係わる吊り具やチェーンは、同一の高い技術で製造されるべきであると考えております。
当社が取り扱う製品は、130年もの歴史をもつ世界最大チェーンメーカーのRUD社製。
より安全性を高めるための当社独自の管理システムや、製品の特徴、装着事例、取扱代理店をご紹介します。

ルッドリフティングジャパン チェーン安全管理システム

人命に係わる吊り具だから、責任をもってお届けするために、ルッドリフティングジャパンではユーザー様の意見をできるだけ多く取り入れたシステムを構築いたしました。
当社は一方通行的な販売を行っておりません。出荷される全てのチェーンセットは当社コンピューターに記録され、点検時期のお知らせや、吊り具に対する様々な情報もユーザー様にダイレクトにお知らせいたします。
(現在、このシステムはスリングチェーンセットに限らせていただいております。)


チェーン安全管理システム

ユーザー様と当社をがっちり繋ぎ、より安全性を高めます



 

ドイツのRUD社から届いたチェーンおよび金具を、全て入荷ごとにロット記録します。



 

ご注文内容にそって、スリングチェーンのことを熟練・熟知した当社スタッフが1セットずつ丁寧に組み立てます。



 

全てのチェーンセットのマスターリンク(親環)部分にゲージ兼シリアル番号付きタグを取り付けて、当社コンピューターに記録します。



 

お届けするチェーンセットにチェーンセット証明書(お客様控え)と、ユーザーおよび商品登録用葉書が同梱されています。必要事項をご記入のうえ、当社宛にご返送ください。



 

出荷した商品のシリアル番号に沿ってユーザー登録し、登録完了通知書をメール、Fax、葉書などでお知らせいたします。



 

各種サービスをご提供します。

  1. 点検時期のお知らせ(半年毎にメールなどで点検時期のお知らせ)(無料)
  2. ヒヤリハット報告情報の発信(無料)
  3. チェーン取扱説明会の実施(実費)
  4. 定期点検の実施(当社に送付していただき、検査、メンテナンス、診断書を付けてご返送)(有料)
  5. ドイツチェーン工場への訪問、重要展示会への訪問ツアー(実費)
 

特殊塗装


アイボルトやチェーンに施されている、高温度下で色変化する蛍光ピンクカラーの特殊塗装についてご紹介します。

温度による色変化について

写真:温度による色の変化

使用温度 -40℃越え
100℃以下
100℃越え
200℃以下
200℃越え
300℃以下
300℃越え
400℃以下
350℃越え
400℃以下
400℃越え
475℃以下
475℃越え
等級 V級 100% 90% 75% 65% 60% 使用不可


高温作業場では、ワイヤーロープはオイル抜け、ベルトスリングは素材自体が温度に弱いという問題があり、チェーンスリングが必要になります。
しかしながら、チェーンも熱処理を施した金属製品のため、熱の影響を受けてしまいます。一度熱の影響を受けると、もろくなり本来の強度を発揮できません。

従来の製品では、熱影響を受けたチェーンの良し悪しの判断は目視検査では困難でした。
RUD社では、マスターリンクから先端フックまで特殊塗装により、目視での熱影響の判別に成功
上記の写真が示す通り、400°では真っ黒になります。この時点でチェーンは使用不可です。
一度変化した色は常温に戻っても元のピンクに戻りません。